top of page

24時間換気システムと空気清浄機


24時間換気システムは、建物の中の空気を新しい空気と入れ替える仕組みです。新鮮な空気を取り入れ、古い臭いや汚れた空気を外に出すことで、家の中を快適に保ちます。特に家の中に決まった時間に窓を開ける必要がなく、いつでも空気がきれいになります。換気システムは、健康にも大切で、新しい空気を吸って元気に過ごす手伝いをしてくれます。自宅のキッチンにも何かしらの換気システムはついているはずです。今回は換気システムの種類やそれぞれのメリット・デメリット、合わせて空気清浄機を使うことでより健康住宅に近づける方法をご紹介します!


24時間換気ステム導入の背景


24時間換気システムが導入される背景には、いくつかの重要な要因が関与しています。主な背景として以下の点が挙げられます。

室内空気品質の向上:

住宅内での空気品質が向上し、住民の健康と快適さが確保されることが求められます。特に都市部などでは大気汚染や花粉、有害物質の濃度が高いため、室内に新鮮な外気を供給する必要があります。

省エネルギー効果:

24時間換気システムは、エネルギー効率を向上させる要因としても導入されます。熱交換器を備えたシステムは、排気される室内の暖かい空気から熱を回収し、外部から取り入れる空気を予熱するため、冷暖房費用を削減できます。

建築基準と法規制:

日本では住宅建築基準や省エネルギー規制などが厳格化しており、これらの規制に適合するために、24時間換気システムの導入が奨励されています。建築物のエネルギー効率向上や環境への配慮が重要視されています。

室内結露の防止:

寒冷地域では、住宅内での結露が問題となります。24時間換気システムは、室内の湿度を適切に調整し、窓ガラスなどでの結露を防ぐ役割を果たします。

健康意識の高まり:

住民の健康意識が高まっており、室内空気品質に敏感な要求が増えています。特に、花粉症やアレルギーの人々にとって、清潔で新鮮な室内空気は重要です。

長寿命住宅の普及:

日本では高齢者のための長寿命住宅が増えており、健康な環境を提供するために24時間換気システムが採用されることが多いです。


これらの要因が、住宅の24時間換気システム導入の背後にある主な理由です。新築住宅だけでなく、既存の住宅でも後付けのシステム導入が行われることがあり、室内の快適さとエネルギー効率の向上に寄与しています。



第1種換気システム(特徴、メリット、デメリット)

(全熱交換システム)

給気:機械排気:機械用途:集中ダクトを設置する方法。住宅やオフィスビルなどに多い

メリット:

第1種換気システムのメリットは、高い換気効率とエネルギー効率です。このシステムは、新鮮な外気を効果的に取り入れ、室内の空気品質を向上させます。また、室内の空気を予熱または予冷却することで、暖房と冷房のエネルギーコストを削減します。さらに、湿度制御や空気清浄化機能を備えたモデルもあり、快適な環境を提供します。


デメリット:

第1種換気システムのデメリットは、高コストと適切な運用が必要なことです。設置、保守、エネルギーコストがかかり、初期投資が高額です。また、適切なメンテナンスが怠られると、効率が低下し、システムの寿命が短くなる可能性があります。さらに、一部のモデルは騒音を発生することがあり、設計と配置に工夫が必要です。



第2種換気システム(特徴、メリット、デメリット)

給気:機械排気:自然用途:室内外の温度差による空気圧差を利用し、外気が入りにくい。病院や食品工場など

メリット:

第2種換気システムの主なメリットは、簡単な運用と低コストです。このシステムは自然換気に依存し、電力を必要としません。窓や通気口を利用して新鮮な外気を取り入れ、室内の空気をリフレッシュします。また、設置コストや運用コストが低いため、経済的な選択として人気です。

デメリット:

第2種換気システムのデメリットは、換気効率の制限と気温への依存です。自然換気は風や気温に左右され、外部の空気品質が悪い場合や寒冷地域では効率が低下する可能性があります。また、湿度や温度の制御が難しいこともあります。一部の状況では、十分な換気を確保できないことがあるため、建物のデザインや地域の気候条件に合わせて注意が必要です。



第3種換気システム(特徴、メリット、デメリット)

給気:自然排気:機械用途:主に住宅系で使われる

メリット:

第3種換気システムの主なメリットは、効果的な換気と制御が可能なことです。このシステムは、建物内の換気を人工的に調整でき、新鮮な外気を取り入れ、室内の空気品質を向上させます。また、湿度や温度の制御が可能であり、快適な環境を提供できます。さらに、エネルギー効率が高く、エネルギーコストを削減できます。

デメリット:

第3種換気システムのデメリットは、排気した時の熱損失が非常に大きいのがデメリットです。 東北や北海道のような寒冷地では、暖房費が少しあがってしまったり、寒さを感じてしまったりするかもしれません。また、適切な運用とメンテナンスが必要であり、調整を怠ると効率が低下する可能性があります。システムの設計や配置にも注意が必要で、専門的な知識が必要です。


第一種換気システム

第1種換気システムに適する空気清浄機


第1種換気システムに最適なビルトイン型Ventiイオンクラスター空気清浄機は、室内の空気品質を向上させるための効果的な装置です。これらの空気清浄機は、住宅や建物の換気システムに組み込むことができ、以下の特長があります。

1台で家全体の空気をキレイにできる:

ビルトイン型の空気清浄機は、換気システムと連動して動作することができ、室内の空気品質を常に最適な状態に保ちます。これにより、住宅や建物内の空気が新鮮で清潔に保たれ、住民の健康と快適さを確保します。 住宅のデザインに影響しない:

ビルトイン型の設計は、住宅や建物の内部にすっきりと組み込むことができ、外部から見えないため、美観を損ねません。これにより、空間を美しく保ちながら、空気品質を向上させることが可能です。


優れた除菌・脱臭・VOC除去能力:

Venti イオンクラスター技術は、空中浮遊粒子やウイルス、細菌などの微小な有害物質を効果的に除去し、室内空気を浄化します。また、不快な臭いや煙も除去するので、快適な居住環境を維持します。

医療施設、研究施設など高度な空気質が求められるところで使用されている技術です。

総合的に考えると、ビルトイン型イオンクラスター空気清浄機は、第1種換気システムと組み合わせて利用することで、室内の空気品質を効果的に向上させ、快適な生活環境を提供する理想的な選択肢です。



Ventiイオンクラスタービルトイン型空気清浄機DIPIシリーズ


ビルトイン型イオンクラスターDIPIシリーズ

DIPIシリーズの詳細についてはこちらへ


DIPI設置イメージ


Ventiイオンクラスタービルトイン型空気清浄機DIPIシリーズは第1種換気システムの全熱交換機の給気側に設置されます。給気ダクトを通して家中にイオンクラスターを拡散させてキレイな空気質を保ちます。

DIPIシリーズ設置イメージ

まとめ


24時間換気システムは、建物内の空気を新しい空気と入れ替え、快適な室内環境を維持する仕組みで、窓を開ける必要がないため便利です。背後には室内空気品質向上、省エネルギー、法規制への適合、室内結露の防止、健康意識の高まり、高齢者向け住宅の普及などの要因があります。

第1種換気システムは、高い換気効率とエネルギー効率を持ち、給気と排気に機械を使用します。第2種換気システムは自然換気を利用し、低コストと簡単な運用が特長です。第3種換気システムは効果的な換気と制御が可能で、湿度や温度の調整ができますが、熱損失が大きいことが課題です。

ビルトイン型Ventiイオンクラスター空気清浄機は第1種換気システムに最適で、統合性が高く、室内空気の浄化や美観の維持に貢献します。また、Ventiイオンクラスター技術により、微小な有害物質を効果的に除去し、快適な居住環境を提供します。



~~24時間換気システムと空気清浄機~~

について、他にも臭いのこと、感染対策等でお困りの方は是非お気軽にお問い合わせお待ちしております^^

Ventiイオンクラスターのデモ機器の貸し出しもございます!!



お客様からの感想

イオンクラスターを24時間換気システムに使用感想
















 


イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果 脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。


除菌

細菌やウイルスを99%除去します。


カビ

カビ菌の発生を抑制します。


臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績



住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス


国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2


特許

特許


【製品情報】


ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ



Comments


bottom of page