top of page

イオンクラスターのVOC分解のメカニズム


VOC分解のメカニズムとは

VOCとは?

VOC(揮発性有機化合物)は、有機化合物の一群であり、特に室内外の大気中で揮発しやすい性質を持つ化学物質を指します。これらの化合物は通常、液体や固体から気体へ移行し、大気中で蒸発しやすいという特性があります。

VOCは多くの異なる化学物質から構成されており、以下のようなものが含まれます。

有機溶媒:

塗料、接着剤、清掃用品、印刷インクなど、多くの工業製品に使用される有機溶媒がVOCの主要な源です。

炭化水素石油:

石油由来の炭化水素化合物もVOCに含まれます。これには石油製品、ガソリン、ディーゼル燃料などが含まれます。

有機酸酢:

酢酸や酪酸などの有機酸も一部のVOCに分類されます。

アルコールメタノール:

メタノール、エタノールなどのアルコールもVOCの一部です。


VOC(揮発性有機化合物)は、室内空気品質における健康へのさまざまな影響を持つ化学物質です。以下に、VOCが健康に及ぼす主要な影響を示します:

呼吸器問題:

高濃度のVOCが室内空気に存在する場合、これらの化学物質を吸入することがあります。特に揮発性有機溶剤(例:ベンゼン、トルエン、キシレンなど)は、呼吸器症状を引き起こす可能性があります。これには喉の刺激、せき、咳、気管支炎などが含まれます。

アレルギー反応:

一部のVOCはアレルギー反応を誘発することがあります。特に、アレルギー性喘息やアレルギー性鼻炎の悪化の原因となることがあります。

頭痛とめまい:

高濃度のVOCにさらされると、頭痛やめまいなどの神経系の症状が現れることがあります。これらの症状は一時的であることが多いが、不快感を引き起こす。

吐き気と嘔吐:

高濃度のVOCは、吐き気や嘔吐の原因となることがあります。特に、揮発性有機化合物の急激な暴露は、これらの症状を引き起こすことがあります。

中毒:

長期間にわたり高濃度のVOCにさらされると、中毒症状が現れる可能性があります。中毒症状には意識障害、肝臓や腎臓の損傷、神経系の障害などが含まれます。

発癌性:

一部のVOCは発癌性があるとされ、長期的な暴露によって癌のリスクが増加する可能性があります。特に、ベンゼンなどの特定のVOCは発癌性が高いとされています。

注意すべきは、VOCの健康への影響は化学物質の種類、濃度、暴露時間に依存するため、一般的な症状として一括りにするのは難しいことです。しかし、室内空気品質を向上させ、VOCの濃度を低減させる対策(換気、低VOC製品の選択、汚染源の削減など)を実施することは、健康を保護する上で重要です。また、特に揮発性有機溶剤を扱う産業や作業場では、適切な安全措置と規制の順守が不可欠です。


VOCの原因物質と濃度指針値の詳細はこちらへ



イオンクラスターによるVOC物質分解のメカニズム


イオンクラスターによるVOC(揮発性有機化合物)物質の分解メカニズムは、室内空気品質の向上と環境保護の観点から非常に重要です。以下で、このメカニズムを詳しく説明します。

1. イオン生成:

イオンクラスター技術は、通常、空気中に負のイオンを生成します。これらの負のイオンは、一般的に酸化物イオン(O2-)やヒドロキシイオン(OH-)の形態で存在します。これらのイオンは、大気中でVOC分子と反応しやすく、VOCの分解に重要な役割を果たします。

2. VOC物質との反応:

イオンクラスターが生成されると、これらのイオンは周囲の空気中に存在するVOC物質と反応し始めます。この反応により、VOC分子はイオンと相互作用し、中性分子からイオン化された分子に変化します。このプロセスにより、VOC分子がイオンクラスターに捕捉され、その後の反応に進む準備が整います。

3. 分解と酸化:

イオン化されたVOC分子は、さらなる反応により分解または酸化されます。特にヒドロキシイオン(OH-)は、VOC分子との反応において非常に強力な酸化剤として機能します。この反応により、VOC物質の分子構造が変化し、より安定した、非揮発性または低揮発性の化合物に変換されることがあります。この段階で、VOCの有害性が低減し、室内空気の品質が向上します。

4. 除去:

分解や酸化が行われた後、VOC物質は通常、大気中の他の分子と反応して無害な物質に変換されます。この過程により、VOC分子は室内空気から取り除かれ、室内環境から排除されます。この最終段階により、室内空気品質が改善され、人々の健康と快適さが向上します。

イオンクラスターによるVOC物質の分解メカニズムは、空気中の有害な化学物質を取り除くための効果的な手段として広く使用されています。この技術は、室内空気品質を改善し、環境への負荷を軽減するのに役立ち、特に居住空間、オフィス、産業プロセス、車両内などさまざまな環境で利用されています。したがって、イオンクラスター技術は持続可能な環境管理に寄与する重要なツールとして位置づけられています。



VOC対策製品とVentiイオンクラスターのメリット


VOC(揮発性有機化合物)対策製品のVentiイオンクラスターには多くのメリットがあります。以下にその主なメリットを説明します。

1. VOCの効果的な分解と除去:

Venti イオンクラスターは、空気中のVOC分子を効果的に分解し、無害な化合物に変換します。これにより、有害な化学物質や不快な臭いを効果的に除去し、室内空気品質を向上させます。

2. 安全な酸化プロセス:

この製品は、酸化プロセスを通じてVOCを分解しますが、これは安全で非常に効果的な方法です。酸化によって生じる生成物は、通常、大気中の他の成分と結合して無害な物質に変換されます。

3. 省エネ:

Venti イオンクラスターはエネルギー効率に優れており、低消費電力で長時間運転できます。これにより、電気料金の節約と環境への負担軽減が実現します。

4. 簡単な設置と操作:

Venti イオンクラスターはコンパクトで設置が簡単で、操作もシンプルです。壁掛けや机の上に配置することができ、簡単に運用できます。

5. 持続的な効果:

この製品は持続的にVOCを除去し続け、室内空気品質を長期間にわたって維持します。定期的なメンテナンスやフィルター交換が不要で、運用が簡便です。

6. 環境への貢献:

VOCの分解と除去により、Venti イオンクラスターは環境にも貢献します。有害な化学物質の排出を削減し、持続可能なライフスタイルをサポートします。

7. 多目的使用:

この製品はさまざまな環境に適しており、家庭、オフィス、工場、商業施設などで使用できます。その多目的性は、異なる用途に対応できる便益を提供します。

Venti イオンクラスターは、VOC対策製品として、室内空気品質の向上、健康の保護、省エネおよび持続可能な環境への貢献において優れた選択肢です。これらのメリットは、快適な生活環境の確保と、環境への配慮を両立させるために貴重な役割を果たします。


Venti イオンクラスター製品ラインアップ

Ventiイオンクラスターは据え置き型タイプからビルトインがたまで様々な 場所で設置できるタイプの製品があります。

イオンクラスターラインナップ


お客様からの感想


イオンクラスターを病理検査室使用の感想













 


イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果 脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。


除菌

細菌やウイルスを99%除去します。


カビ

カビ菌の発生を抑制します。


臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。





空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績



住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス


国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2




特許

特許



【製品情報】


ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ




関連記事

すべて表示
bottom of page