導入事例

京都府立京都スタジアム

(サンガスタジアム by KYOCERA)
感染対策でWT-002-A、Z-101 導入
(記者会見室、VIPローム、ロッカールーム、会議室等)
島津アリーナ、京都堂本美術館、奈良県立美術館、
奈良県立民俗博物館、奈良県文化会館などの自治体
施設に導入

 

奈良県立万葉文化館

某クリニック(滋賀県)

院内感染対策でWT-002 導入
産婦人科の新生児室に設置
浮遊細菌の管理を徹底するために

新生児室に導入シ

東京都国立市某介護施設

ポータブル製品110台導入後3年間インフルエンザ患者が発生せず、その結果効果が認められました。
新規開設された施設の全部屋に58台の製品が設置されました。

埼玉県某小児医療センター無菌室に導入

FFUにAIO-2搭載

無菌病室での事例として
病院の感染を徹底して管理しているところでの採用
FFU(fanFilterUnit)を使用した、クリーンルーム仕様に準じて設計しています。

感染対策としてFFU内部の
クラゲフィルターだけでは足りず、
イオンクラスター導入へ設計変更されています。

類似の事例として、
T北部の無菌室にも導入されています。

WT-002 脱臭装置として導入

令和3年基準で国内2台しかない陰圧システムが装着されている
特殊救急車にイオンクラスターが導入されました。
この救急車は2020年に開催される東京オリンピックに備えて
東京駅と新宿駅に1台ずつ配置された救急車です。
新型コロナウイルス感染症発生初期に、中国武漢在住の
日本人を日本政府がチャーター機を
手配し発熱症状のある人を全員
この救急車で移送しました。その当時、
感染患者の対応が可能な救急車が
この2台しかなく、
当時移送の度にテレビで放映され
話題になりました。

病理・検査室

→ ホルムアルデヒド、キシレン、アンモニア等のVOC対策

国立大阪医療センター

病理検査室(ホルムアルデヒド対策) 
WT-002 ホルマリン保管庫に設置
VOC対策の事例として一般的に病理検査室ではホルムアルデヒドを多く使用します。
法律上、病理検査室では年間2回の空気質測定をしなければなりません。
上記の病院ではイオンクラスターを導入してホルムアルデヒド濃度を制御しています。

国立近畿中央胸部疾患センター

病理検査室(キシレン対策)
WT-002 作業台に設置

理化学研究所(横浜)

カビ対策 AIO-DI 導入

保育園・幼稚園

 → 園児の感染予防、オムツ交換時の臭気対策

 イオンクラスター設置場所

製品設置イメージ図

 面積も含め導入後の感想を述べさせて頂きます。合計12台導入しました。 
(1F) 
・もも組(0,1歳児) ・・・・・・・・・・・・ 85.3㎡ 2台設置 

「ミルク」と「おむつ」の混ざった匂いがあったのがなくなり、部屋に入るたびになんか爽やかな感じがするとの意見が多くこれは全部屋言えることですが感染症予防対策実施中のポスターを見て保護者として安心するのと、ここまで考えてくれてると喜びの声も聞こえてきている状況です。 
・ちゅうりっぷ組(2歳児) ・・・・・・・・ 43.2㎡ 1台設置 
ここは朝の早出受け入れ(AM7:00)~延長保育(PM7:00)まで使っている部屋で、 部屋と部屋との間にトイレがありますが、帰る時は部屋の戸を開けイオンクラスターが通る道を作って帰るようにしております。 
・給 食 室 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28.9㎡ 1台設置 
殺菌灯は設置してますが「臭い」を取る意味で設置しております。 
・保育士控室(ロッカー) ・・・・・・・・・・ 23.2㎡ 1台設置 
北側の奥で湿気が出、カビが出て畳を太陽にわざとあててみたり、除湿したり、人気があった方がいいと思い保育士の残業部屋
として使っておりましたが、設置してからは、
カビも湿気もなく爽やかな感じがしております。部屋も小さいので「弱」で対応は十分です。 
・多目的ホール ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 143.8㎡ 2台設置 
入園式、卒園式、発表会等行事はもちろんですが子育て支援の部屋として利用。子育て支援は保育園にも幼稚園にも行けない親子を受け入れる事です。
以前はインフルエンザ、嘔吐下痢と保育園で出ている感染症に敏感でしたが、今は何か空気が違うとよく言われておりますし、ポスターの影響も・・・ 特に「花粉症」の親には効果大 
・事 務 所 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49.8㎡ 1台設置 
観葉植物の葉っぱの「ねちゃねちゃ」が全くなくなり驚いております。 
(2F) 
・ばら組(3歳児) ・・・・・・・・・・・・・・・ 61.2㎡ 1台設定 
・すみれ組(4歳児) ・・・・・・・・・・・・・ 61.2㎡ 1台設定 
この間のトイレも1F同様帰る時は戸を開け、イオンクラスターの道を作っております。 
・ひまわり(5歳児) ・・・・・・・・・・・・・ 69.0㎡ 1台設定 
・たんぽぽ組(一時預かり・特定保育) 47.7㎡ 1台設定 
このクラスはうちの園児ではなく、保育園に入れない子、幼稚園の子等を預かる所です。 
基本的には保育中は「強」で、帰る時には「弱」にしております。 
又、コンパクトなので匂いのあるトイレに置くとか保育士がいろいろ場所を変えていることも聞いております。 
保育士によると布団を出して殺菌、押入れを開けて殺菌し、なるべく換気扇の反対方向に置くようにしております。 
即効性が凄いためこれが当たり前となり、すぐに忘れてしまい、違いが感じなくなります。 
なかなか言葉ではうまく表現できないのですが使ってみれば一番理解できると思います。 
約180人が安心して過ごせる「画期的商品」です。 

導入先:愛媛県松山市A保育園 様

対象年齢:生後8ヶ月~就学前児まで
定員:120名
延床面積:950㎡

船舶(南極観測船しらせ)

食材を保管する冷蔵室の防カビ対策として、導入された事例自衛隊で運用中の「南極観測船しらせ」は一度出航すると半年以上運行します。大量の食材を保管する大型冷蔵室にカビが発生する問題がありました。イオンクラスターを導入することにより問題を解決できました。これは低温でもイオンクラスターがよく動作することを示す事例です。
 

→ 冷蔵室内のカビ菌類抑制、脱臭   
    WT-002 導入