top of page

お部屋のカビ対策

カビとは?


カビは、私たちの日常生活でよく耳にする微生物の一種ですが、その存在は健康や環境に様々な影響を及ぼすことがあります。カビは湿度が高く、通気が悪い場所で繁殖し、壁、床、天井、家具などあらゆる表面に付着します。一般的に、カビは湿度や水分、酸素を必要とし、これらの条件が揃うと増殖します。その結果、カビによって生じる黒い斑点や緑色の斑点は、見た目の美観だけでなく、健康問題を引き起こすこともあります。今回はカビの発生原因や対策、カビ対策におすすめの製品までをご紹介します!



部屋にカビが発生する原因


高湿度

部屋の湿度が60%以上に上昇すると、カビの成長が加速します。特に夏季や梅雨時に湿度が高いと、カビの発生リスクが高まります。

不適切な通気

部屋が不十分に換気されると、湿気がたまりやすくなり、カビの発生が促進されます。

水漏れや浸水

屋根、壁、床、配管などからの水漏れや浸水があると、湿度が上昇し、カビが発生しやすくなります。

不適切な結露管理

冷暖房が不十分で窓ガラスなどに結露が生じると、湿度が上昇し、カビの原因となります。

通気不良な場所

クローゼット、押し入れ、トイレなど通気が悪い場所では湿度が高まり、カビの発生がしやすくなります。


カビが生えやすい場所


浴室

高湿度と水蒸気が発生するため、浴室の壁や天井、シャワーカーテンなどにカビが生えやすいです。

キッチン

料理や洗浄作業で水分が増え、キッチンのシンク、カウンター、壁などがカビの発生場所となります。

窓周り

結露が発生しやすく、窓枠やカーテン、ブラインド、窓の隅にカビが生えやすいです。

クローゼット

通気が悪く、湿気がこもりやすいため、衣類や壁にカビが発生しやすいです。

地下室

地下の部屋は湿度が高く、通気が悪いことが多いため、床、壁、天井にカビが生えやすいです。

壁の内部

外部からの浸水や漏水があると、壁の内部にもカビが発生することがあります。



カビは体に有害


臭い

カビは特有の不快な臭いを発します。この臭いは、多くの人にとっては不快であり、室内の空気品質を悪化させます。カビ臭は、家の中で過ごす時間を不快にし、生活の質を低下させることがあります。


健康への影響

  • アレルギー症状: カビの胞子や成分が空気中に放出されると、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、咳などの症状が現れることがあります。

  • 喘息の悪化: カビの存在は喘息の悪化を引き起こすことがあります。喘息の症状が悪化し、呼吸器の問題が生じることがあります。

  • 感染症のリスク: 一部のカビには人体に感染症を引き起こす可能性があるものもあります。特に免疫力が低い人にとってはリスクが高まります。

お部屋のカビ対策

カビを生やさない方法


掃除

  • 定期的な掃除はカビの発生を防ぐために不可欠です。特に浴室やキッチンなど湿度が高い場所を重点的に清掃しましょう。

  • カビが生えやすい場所や表面(シャワーカーテン、風呂のシリコン部分、排水口など)は特に注意が必要です。

  • 掃除には適切な洗剤やカビ取り剤を使用し、毛布やクローゼットの中も含めて隅々まで清潔に保ちましょう。

換気

  • 適切な換気は湿度をコントロールし、カビの発生を防ぐ鍵です。シャワー後や料理後には窓を開けて換気しましょう。

  • 換気扇を効果的に使用し、室内の湿気を外に排出します。定期的なメンテナンスも忘れずに行いましょう。

湿度管理

  • 室内の湿度を適切に管理することが大切です。湿度計を使用して湿度をモニターし、60%未満を保つように努力しましょう。

  • 湿度が高い場合は加湿器を使わず、逆に湿度が低い場合は加湿器を活用して乾燥を防ぎましょう。

風通しを良くする

  • 室内の風通しを良くすることは湿気を排除するのに役立ちます。家具やカーテンが風通りを妨げないように配置しましょう。

  • 衣類や寝具は定期的に干して乾燥させ、湿気がこもらないようにしましょう。



カビ対策にVentiイオンクラスター空気清浄機を使用する

  • プラズマ放電による高エネルギーのイオンクラスターを放出し空間の臭い成分、VOC(揮発性有機化合物)、菌・ウイルスを除去します。

  • カビ抑制効果があります。

  • 医療施設や研究施設等の空気質に厳格なところでカビ対策として導入されている技術です。

脱臭、VOC除去、除菌、カビ対策にも対応できるため、これ1台で空気環境を改善することが可能。




まとめ


高温多湿な日本では避けられないカビ問題ですが、カビのにおいの元も原因菌も抑制・除去する事が可能です。

吸引式(フィルター式)の空気清浄機では取り除くことが難しいとされている微細なウイルスや物質も、イオンクラスター搭載の放出式空気清浄機を使用すると、原因物質に吸着して抑制・除去する事が可能です。他にもナノレベルのウイルスや細菌も抑制・除去する事が可能です。

また、臭いのレベルにもよりますがVentiイオンクラスターを使用後、1、2時間~で原因菌やにおいの減少効果が見られます。

最近は工務店様、テナント様、ホテルを始め、個人様宅でも購入検討される方が増えてきています。


~~お部屋のカビ対策~~

について、他にも臭いのこと、感染対策等で

お困りの方は是非お気軽にお問い合わせお待ちしております^^


Ventiイオンクラスターのデモ機器の貸し出しもございます!!



お客様からの感想


イオンクラスターをカビ対策に使用感想











 


イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果

脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。


除菌

細菌やウイルスを99%除去します。


カビ

カビ菌の発生を抑制します。


臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。




空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績



住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス


国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2




特許

特許



【製品情報】


ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ



関連記事

すべて表示
bottom of page