top of page

食品工場での室内空気質管理


 


目次



 


1.食品加工工場での空気質管理はなぜ必要なのか?


食品加工工場での空気質管理は、私たちの健康と安全に密接に関連しています。

なぜなら工場内の空気が品質や衛生に直結し、私たちが口にする食品の品質に影響を及ぼすからです。空気中の微生物や異物は食品汚染の原因となり、食品安全を脅かす可能性があります。また、ずさんな管理の室内では食品の風味にも悪影響を及ぼし、美味しさを損なうことがあります。

このブログでは、食品加工工場での空気質管理がなぜ必要かを詳しく探り、どのように適切な管理が行われるかについて解説します。食品産業の製品品質向上と、私たちの食卓に安全な食品を提供するために、空気質管理が不可欠な理由を明らかにしていきます。

食品工場

2.HACCP導入義務化について


HACCP(ハサップ)は、食品安全管理システムの一種で、食品製造業で食品安全を確保するために広く採用されている方法論です。HACCPは「Hazard Analysis and Critical Control Points(危険分析重要管理点)」の略で、食品の製造過程で危険要因を特定し、それらをコントロールするための体系的なアプローチを提供します。

HACCP導入の義務化は、国や地域によって異なりますが、多くの国で食品製造業において法的要件として採用されています。HACCPの導入義務化には以下のような理由があります


食品安全の向上

HACCPは食品の製造過程でリスクを最小限に抑え、食品の安全性を向上させるための効果的な方法論を提供します。

消費者保護

HACCPは消費者を食品中の危険から守るための措置であり、食品の安全性を確保するための重要な役割を果たします。

規制要件の遵守

多くの国では、食品製造業者がHACCPを導入し、規制要件を遵守することが法的に義務付けられています。これに違反すると罰則が課せられることがあります。

輸出市場へのアクセス

HACCPの導入は、食品製造業者が国際市場にアクセスするために必要な条件となることがあります。国際的な規格に準拠することが求められます。

HACCPは、食品製造業における品質管理と安全性確保の重要な要素であり、法的要件に従って適切に導入されるべきです。食品業界に従事するすべての事業者は、自国の法律や規制を遵守し、HACCPを導入し、食品の安全性を確保する努力をする必要があります。




3.食品加工工場にて空気管理方法


清浄な環境の維持

食品製造エリアは清潔で衛生的な状態を保つことが不可欠です。定期的な清掃と消毒が必要で、特に食品の直接接触がある領域は特に注意が必要です。

適切な通風と空調

適切な通風システムと空調システムを使用して、室温と湿度を管理します。これにより、微生物の成長や食品の腐敗が防がれます。また、作業者の快適さも確保します。

微生物コントロール

空気中の微生物の拡散を制御するため、適切なフィルターやUV-Cライトなどの技術を使用します。微生物の侵入を防ぐために、エントランスや窓にも注意が必要です。

異物管理

空気中の異物が食品に入らないように、風防やスクリーンを使用し、従業員が食品を取り扱う際に適切な手袋やマスクを着用させます。

匂い管理

食品加工工場では、不快な匂いが食品に移ることを防ぐために匂いフィルターや風切り板を使用することがあります。

トレーサビリティ

空気質に関連する問題が発生した場合、原因を特定するためにデータの記録とモニタリングが行われるべきです。

教育と訓練

従業員には衛生規則と空気質管理の重要性について教育し、適切な手順とベストプラクティスを実施する訓練を行います。

規制とコンプライアンス

適用される国や地域の規制に従うことが必要です。これにはHACCPなどの食品安全規格も含まれます。


工場清掃

4.Ventiイオンクラスターによる食品加工工場での空気質管理


空気中の微生物制御

イオンクラスター技術は、空中に漂う細菌やウイルスを不活化することができます。これにより、細菌やウイルスが広がって食品に感染するリスクが低減し、食品の品質と安全性が向上します。


付着菌、ウイルスを制御

イオンクラスター技術は、空中に浮遊しているだけでなく、表面に付着している細菌やウイルスも不活化することができます。これにより、食品加工工場の品質と安全性を向上させます。


脱臭

食品加工工場では、調理や加工に伴う臭いが問題になることがあります。イオンクラスター装置は、これらの不快な臭いを効果的に除去します。


作業者の快適さ

作業者の快適さも重要です。イオンクラスター技術は、空気中の細菌、ウイルスや不快な臭い成分を減少させ、作業環境を向上させます。



5.事例

(某食品加工工場)

某小規模食品加工工場でVentiイオンクラスターを導入した事例です。 Ventiイオンクラスターを導入してから一般細菌は最大95%、真菌は最大85%除去できました。

事例

6.おすすめの製品

大型ダクトイン型 AIO-DIシリーズ

AIO-DI

AIO-DI

AIO-DIシリーズは給気側のダクトに取り付けることで、 強力なイオンクラスターが工場内全体に拡散し、効果的な衛生管理が可能です。 この設置方法により、追加のスペースを必要とせず、生産設備にも影響を与えません。 また、低消費電力で省エネ効果もあります。 さらに、医療施設の無菌室でも採用され、高い信頼性を誇る技術です。 食品工場の品質と安全性向上に不可欠なAIO-DIが、衛生管理の新たなスタンダードとして活躍します。




大型キャスター付き移動式Ventiイオンクラスター Z-101X


Z-101X

大型移動式VentiイオンクラスターZ-101Xは、広範囲の空間(約100㎡から400㎡)で効果的な空気質管理を実現します。この製品には、大容量のVentiイオンクラスター発生素子AIO-DIXが搭載されており、除菌や臭い対策に有効です。


Z-101Xの利点は、エアコンの室外機と同じくらいのコンパクトなサイズで、キャスターが取り付けられているため、必要な場所に簡単に移動できることです。これにより、工場内の特定エリアでのスポット使用や、急な空気質の問題に対処するのに便利です。Z-101Xは省エネルギーで運用コストも低く、長期間にわたり信頼性の高い空気質管理を提供します。食品工場の品質維持と衛生管理向上にZ-101Xを活用しましょう。


Zシリーズ

7.まとめ

食品加工工場の空気質管理の重要性は、食品の品質と安全性に直結し、食品汚染や風味の影響を防ぎます。HACCPの導入は法的要件で、食品安全向上や消費者保護に貢献。清浄な環境、通風・空調、微生物コントロール、異物管理、匂い管理、トレーサビリティ、教育、規制遵守が必要です。Ventiイオンクラスター技術は微生物制御と臭気除去に効果的で、医療施設でも使用。AIO-DIシリーズはダクトに取り付け、省スペースかつ低消費電力で信頼性が高く、食品工場の品質と衛生管理向上に貢献します。



~~食品工場での室内空気質管理~~

について、他にも臭いのこと、感染対策等で

お困りの方は是非お気軽にお問い合わせお待ちしております^^

Ventiイオンクラスターのデモ機器の貸し出しもございます!!





8.お客様の感想

お客様の感想


 

9.イオンクラスターとは

イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。




Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果

脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。

除菌

細菌やウイルスを99%除去します。

カビ

カビ菌の発生を抑制します。

臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績

住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス

国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2



特許

特許



【製品情報】

ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ



Comentarios


bottom of page