top of page

食品加工工場におけるイオンクラスターの実証実験


venti airfuture v-valia

 

目次

 

食品加工業界における品質管理と衛生基準の厳格さはますます高まり、微生物のコントロールがこれらの要件を満たす上で不可欠となっています。その中で、福岡県の某ヨーグルト加工工場で実施されたVentiイオンクラスターAIO-DIの実証実験は、革新的なアプローチを提示しました。この実験では、換気設備にダクトタイプのAIO-DIを導入し、その稼働前後での落下菌の数を測定。一般細菌と真菌の2つの微生物に焦点を当て、驚くべき結果が得られました。

実験結果によれば、AIO-DIの稼働により一般細菌は最大95.0%、平均93.1%も減少。同様に、真菌も最大85.2%、平均79.6%も減少したことが確認されました。これは製品の品質向上だけでなく、従業員の労働環境向上にも寄与する可能性が示唆されます。

本ブログでは、この実証実験の詳細に迫りながら、VentiイオンクラスターAIO-DIが食品加工工場において微生物制御の新たな局面を切り拓く可能性に焦点を当てます。清浄な製造環境の構築が、食品製造業界において未来への重要な一歩となり得ることを探ります。ご興味をお持ちいただければ幸いです。

venti airfuture v-valia

1.背景と実験の背後にある動機


食品製造業界における微生物の制御は、製品の品質と安全性を確保する上で不可欠です。特にヨーグルト加工工場のような環境では、微生物の侵入や繁殖が製品に与える影響が大きいため、これらの工場では常に最新かつ効果的な制御手段の導入が求められています。こうした背景から、福岡県の某ヨーグルト加工工場では、VentiイオンクラスターAIO-DIの実証実験を行うことが決定されました。


実験の背後にある動機は、従来の清浄技術の中でもVentiイオンクラスターが新たな可能性を秘めているという仮説に立脚しています。この技術は、空中にイオンクラスターを放出し、微生物や異物と相互作用して浄化するという独自のメカニズムを有しています。そのため、通常の清浄化プロセスだけでは対処しきれない微細な微生物までを効果的に制御できる可能性があります。

この実証実験を通じて、Ventiイオンクラスターが実際の食品製造現場においてどれだけ有益であるかを明らかにすることが目的です。一般細菌や真菌の数を大幅に減少させる効果が期待され、これによって製品の品質向上や従業員の労働環境改善が達成できるかどうかが検証されます。


この実験を通じて得られた知見は、今後の食品製造業界における微生物制御技術の発展に寄与することでしょう。新たな局面を切り拓く可能性を秘めたVentiイオンクラスターが、食品製造においてどのように進化し、革新的な解決策を提供するのか、今後の展開が期待されます。

食品工場 venti airfuture v-valia

2.食品加工工場におけるイオンクラスターの実証実験の進行と検証手法


食品加工工場におけるイオンクラスターの実証実験の進行と検証手法は、VentiイオンクラスターAIO-DIの効果を確かめるために精密かつ緻密な計画に基づいて行われました。最初に、ヨーグルト加工工場の換気設備にダクトタイプのAIO-DIを組み込み、これを稼働させない状態で微生物の数を測定しました。これにより、実験前の基準値を確立し、AIO-DIの導入前の微生物レベルを把握しました。


次に、AIO-DIを稼働させ、同様に微生物の数を再度計測。これによって、イオンクラスターの効果を正確かつ定量的に把握することが可能になりました。特に注視したのは一般細菌と真菌の2つの微生物であり、これらの数値変化を通じてAIO-DIがどれだけ効果的に微生物を減少させるかを評価しました。

さらに、検証手法として環境条件や製品の特性などの変数も考慮し、可能な限り実際の製造状況に近い状況で実験を進めました。これによって、現実の製造環境でのAIO-DIの適用性や制御効果をよりリアルに把握することができました。


この実験デザインは、厳密な科学的手法と現場への応用性を両立させることを目指しており、その結果が実際の食品製造業界においてどれだけ有益かを的確に評価するための基盤を構築しました。これにより、VentiイオンクラスターAIO-DIの微生物制御技術が実践的であり、食品製造のクオリティコントロールに向けた新しいスタンダードを確立する一助となるでしょう。



3.測定結果と分析


一般細菌の減少効果

AIO-DIの稼働後、一般細菌の数は最大で95.0%減少し、平均では93.1%が減少しました。この効果は、工場内の微生物レベルを飛躍的に低減させ、食品の製造プロセスにおけるクリーンな環境を確保しました。


真菌の減少効果

同様に、真菌もAIO-DIの稼働によって有意な効果が見られました。最大で85.2%、平均では79.6%が減少し、微生物のコントロールにおいて高い性能を示しました。

venti airfuture v-valia




4.結果の意味合いと将来展望


食品工場 ヴ

先進的なVentiイオンクラスターAIO-DIの実証実験結果は、食品加工工場における微生物制御の分野に新しい展望をもたらしました。この浮遊微生物制御装置は、放出式空気清浄機としての役割を果たし、特に浮遊菌及び落下菌に対する除菌効果が著しく、その意味合いは極めて重要です。


実験結果から一般細菌が最大95.0%、平均93.1%も減少し、真菌も最大85.2%、平均79.6%も減少したことは、Ventiイオンクラスターが浮遊微生物を効果的に制御できることを示唆しています。この強力な除菌効果は、製品の長期保存において微生物が原因となる品質劣化を抑制し、消費者に高品質で安全な製品を提供する基盤を確立します。


将来展望においては、Ventiイオンクラスターの浮遊菌及び落下菌に対する制御効果を更に検証し、異なる製造環境下での適用性を詳細に研究することが計画されています。また、現場での最適な設置場所や運用条件に関する知見を深め、実用的な運用ガイドラインを策定することが重要です。


これらの発展により、Ventiイオンクラスターは放出式空気清浄機として、食品製造業界における浮遊微生物の制御において新たな標準を確立する可能性があります。安全性と品質向上への貢献が期待される中、今後の研究や応用によってその有用性が一層広まることを期待しています。





5.おすすめの製品

大型ダクトイン型 AIO-DIシリーズ

AIO-DI

AIO-DI

AIO-DIシリーズは給気側のダクトに取り付けることで、 強力なイオンクラスターが工場内全体に拡散し、効果的な衛生管理が可能です。 この設置方法により、追加のスペースを必要とせず、生産設備にも影響を与えません。 また、低消費電力で省エネ効果もあります。 さらに、医療施設の無菌室でも採用され、高い信頼性を誇る技術です。 食品工場の品質と安全性向上に不可欠なAIO-DIが、衛生管理の新たなスタンダードとして活躍します。




大型キャスター付き移動式Ventiイオンクラスター Z-101X


Z-101X

大型移動式VentiイオンクラスターZ-101Xは、広範囲の空間(約100㎡から400㎡)で効果的な空気質管理を実現します。この製品には、大容量のVentiイオンクラスター発生素子AIO-DIXが搭載されており、除菌や臭い対策に有効です。


Z-101Xの利点は、エアコンの室外機と同じくらいのコンパクトなサイズで、キャスターが取り付けられているため、必要な場所に簡単に移動できることです。これにより、工場内の特定エリアでのスポット使用や、急な空気質の問題に対処するのに便利です。Z-101Xは省エネルギーで運用コストも低く、長期間にわたり信頼性の高い空気質管理を提供します。食品工場の品質維持と衛生管理向上にZ-101Xを活用しましょう。


Zシリーズ




6.まとめ

福岡県の某ヨーグルト加工工場で行われたVentiイオンクラスターAIO-DIの実証実験は、微生物制御技術の新たな可能性を示唆しています。実験結果から、AIO-DIの導入により一般細菌と真菌がそれぞれ最大95.0%および85.2%も減少したことが確認され、製品の品質向上に大きく寄与することが期待されます。

特に、Ventiイオンクラスターは放出式空気清浄機としても優れた特性を有しています。この清浄機が浮遊菌及び落下菌に対して強力な除菌効果を発揮することが、実験結果から明らかとなりました。そのメリットとして、製品の長期保存において微生物が原因となる品質劣化を抑制し、食品製造業界において安全性と品質向上に貢献するポテンシャルがあります。

将来展望では、Ventiイオンクラスターの浮遊微生物制御の効果を更に深化させ、異なる製造環境や条件下での適用性を広範に検証する予定です。同時に、放出式空気清浄機としての利点を最大限に活かし、製品の品質維持と労働環境の向上を図る実践的な運用ガイドラインを策定します。

この実証実験によって、Ventiイオンクラスターが食品製造業界における微生物制御の新たな標準となる可能性が浮上しています。放出式空気清浄機の優れた特性と組み合わせ、安全性と品質向上に寄与する新しい時代が始まることを期待しています。





 

7.イオンクラスターとは

イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。




Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果

脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。

除菌

細菌やウイルスを99%除去します。

カビ

カビ菌の発生を抑制します。

臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績

住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス

国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2



特許

特許



【製品情報】

ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ



関連記事

すべて表示
bottom of page