top of page

溶連菌感染症が大流行中

近年、注目されている感染症の一つに「溶連菌感染症」があります。この感染症は、化膿性連鎖球菌によって引き起こされ、のどの痛みや発熱などの症状が特徴です。未治療や不完全な治療では合併症を引き起こすリスクがあり、感染拡大を防ぐためには早期の診断と適切な治療が必要です。この記事では、溶連菌感染症の特徴、危険性、診断、治療について解説し、予防策と対応についても詳しく探ります。


溶連菌 venti airfuture v-valia




 

目次

 




1. 溶連菌感染症の流行状況


溶連菌 venti airfuture v-valia

東京都では最近、子どもを中心に感染が広がりつつある「溶連菌感染症」に関する警報が初めて発表されました。この感染症は、A群溶血性レンサ球菌によって引き起こされ、突然の発熱やのどの痛みなどの症状が出る特徴があります。都内の患者数が増加し、警報が発令されたことから、感染対策の重要性が強調されています。


2. 溶連菌感染症の特徴

溶連菌 venti airfuture v-valia


溶連菌感染症は、A群溶血性レンサ球菌によって引き起こされる感染症の一種です。この感染症の特徴は、主に子どもを中心に発症しやすく、潜伏期間の後に突然の発熱やのどの痛みなどの症状が現れます。感染が疑われる場合、咳エチケットやマスクの着用、手洗いなどの予防策を徹底する必要があります。また、感染が確認された場合は速やかに医療機関を受診し、適切な治療を行うことが重要です。溶連菌感染症は感染力が強く、早期の対応が重要です。


3. 溶連菌感染症の危険性

溶連菌 venti airfuture v-valia

溶連菌感染症は、重篤な合併症を引き起こす可能性がある感染症の一つです。特に、適切な治療が行われない場合や治療が不十分な場合に、さまざまな合併症が発生するリスクがあります。その主な危険性を以下に示します。

まず、溶連菌感染症の合併症として最もよく知られているのは、リウマチ熱です。リウマチ熱は、咽頭炎などの感染が原因で発症し、心臓や関節に重篤な損傷を引き起こす可能性があります。また、急性糸球体腎炎や急性糸球体腎炎などの腎臓の炎症も起こる可能性があります。これらの合併症は、治療が適切に行われない場合には重篤な後遺症を残すことがあります。

さらに、溶連菌感染症は喉頭や気道の感染を引き起こすことがあり、喉頭炎や気管支炎などの症状を引き起こす可能性があります。これらの症状は、息苦しさや咳、声のかすれなどの不快な症状をもたらし、生活の質を低下させることがあります。

また、溶連菌感染症は感染力が非常に高いため、集団感染が発生する可能性があります。特に子供たちの間で感染が広がりやすく、学校や保育園などの集団生活施設での感染が懸念されます。集団感染が発生すると、感染拡大のリスクが高まり、社会的な影響も大きくなります。



4. 溶連菌感染症の診断と治療

溶連菌感染症の診断と治療は、早期かつ適切な対応が重要です。主な診断方法と治療法について以下に示します。


まず、溶連菌感染症の診断には、患者の症状や疑われる感染経路を基にした臨床的な診断が行われます。特に、急性の喉頭炎や扁桃炎などの咽頭炎症状がある場合には、溶連菌感染症の可能性が高く疑われます。その後、喉頭からの組織検体を採取し、溶連菌の培養検査や迅速抗原検査などの検査を行うことで、確定診断が行われます。


溶連菌感染症の治療には、抗生物質の投与が一般的です。特に、ペニシリン系の抗生物質が有効であり、多くの場合、経口投与が行われます。抗生物質の投与により、感染を引き起こす溶連菌の増殖が抑制され、症状の改善が期待されます。また、抗生物質の適切な使用により、合併症のリスクを低減することができます。


治療の際には、抗生物質を処方された期間内にしっかりと服用することが重要です。抗生物質の使用を中途で中止すると、感染症の再発や抗生物質耐性菌の発生などのリスクが高まるため、医師の指示に従い、処方された期間分をしっかりと服用することが必要です。

治療のほかにも、患者の症状の緩和や回復を促すために、安静や水分補給、栄養バランスの取れた食事などの支持療法が行われることもあります。患者が適切な治療を受け、十分な休息をとることで、症状の改善が促進されます。


5. 溶連菌感染症の予防策と対応


溶連菌 venti airfuture v-valia

溶連菌は飛沫感染をするため、咳エチケットやマスクの使用が予防に役立ちます。接触感染の可能性もあることから、手洗いや共有物の消毒が重要です。感染が確認された場合、出席停止が必要ですが、治療を開始して24時間以上経過し、症状が安定していれば学校や幼稚園に戻ることができます。また、熱やのどの痛みが続く場合は、水分補給や栄養の摂取、十分な休息が必要です。






6.まとめ

溶連菌感染症が都内で流行している状況を受け、感染拡大防止に向けた対策が喫緊の課題となっています。溶連菌感染症の特徴や危険性について理解し、適切な予防策や対応が求められます。特に、子どもを中心に感染が広がりやすい傾向があり、集団生活施設での感染リスクが高まっています。したがって、感染拡大防止のためには、マスクの着用や手洗いなどの基本的な衛生対策が重要です。また、感染が疑われる場合は速やかに医療機関を受診し、適切な治療を受けることが必要です。溶連菌感染症の予防と対応には、個々人の意識向上と共に、地域社会全体での協力が不可欠です。




 


7.イオンクラスターとは


イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果

脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。

除菌

細菌やウイルスを99%除去します。

カビ

カビ菌の発生を抑制します。

臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績

住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

溶連菌 venti airfuture v-valia




イオンクラスターの効果についてのエビデンス

国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


溶連菌 venti airfuture v-valia

溶連菌 venti airfuture v-valia



特許

溶連菌 venti airfuture v-valia



【製品情報】

ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

溶連菌 venti airfuture v-valia



関連記事

すべて表示
bottom of page