top of page

日本の新築住宅で第1種換気システムが急増中?

日本の住宅事情が大きく変わりつつあります! 2022年には86万戸以上の新築戸建て住宅が着工され、過去10年間で80万戸以上がコンスタントに建設され続けています。このうちZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)義務化への動きが鮮明で、2030年以降には省エネ性能が標準となり、全館空調システムやビルトイン型空気清浄機の需要が急増する見込みです。特にZEH化率の増加がビルトイン型空気清浄機市場を押し上げ、今後の10年は住宅産業において大きな変革が期待されます。


 


目次



 

1.日本の新築住宅動向


venti airfuture v-valia

1.1 2022年の新築戸建て住宅着工数

2022年において、日本の新築戸建て住宅の着工数は約86万戸に達し、過去10年間で80万戸以上が安定して建設されております。この数字は住宅事情の変遷やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)義務化への動向を示唆しており、省エネ性能が注目を浴びる中、全館空調システムやビルトイン型空気清浄機などの需要が急増しております。今後の10年にわたる展望では、この潮流が住宅産業において重要な影響を与えることが期待されています。


1.2 10年間の新築住宅着工数の推移



venti airfuture v-valia

過去10年間にわたる日本の新築住宅の着工数は驚異的で、2010年以降毎年80万戸以上が確保されています。この安定した着工傾向は、住宅市場における堅調な需要を示しており、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への関心も高まっています。2013年以降は年間90万戸以上の着工が続き、2030年には100%ZEH水準が目標とされるなか、住宅産業は省エネ性能の向上という新たなフェーズに突入しています。これに伴い、全館空調システムやビルトイン型空気清浄機の需要が増大しており、今後の住宅市場の発展が期待されています。


1.3 2030年度以降のZEH義務化とその影響

2030年度以降、日本ではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の義務化が進んでいます。これは、住宅が年間で消費するエネルギーを再生可能エネルギーでまかない、エネルギー収支をゼロ以下にするという目標を指します。この動きは省エネルギー住宅の推進を意味し、全館空調システムやビルトイン型空気清浄機の需要が増加しています。2030年までには100%ZEH水準が目指され、これに伴い住宅業界は大きな変革期を迎えることが予測されます。ZEHの義務化により、住宅の省エネ性能向上と環境への配慮が一層強調され、住宅市場がより持続可能な方向に向かうことが期待されています。




2.ZEH化率の増加とその要因

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化率の増加は、日本の住宅市場において注目すべきトレンドとなっています。これは2030年度以降のZEH義務化への備えや省エネルギーに対する意識の高まりに起因しています。近年の住宅は高断熱化や再生可能エネルギーの導入が一般的となり、それに伴いZEH化率が向上しています。これにより、全館空調システムやビルトイン型空気清浄機などの省エネ設備への需要も拡大しています。住宅購入者がエネルギー効率や環境に対する配慮を重視する中、ZEH化率の増加は住宅産業において持続可能性と技術の進化を促しています。


2.1 ZEH化率の推移

日本における住宅市場では、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化率が注目されています。最新の統計によれば、これらの省エネルギー住宅が急速に普及しており、2030年までには全新築住宅のZEH化率が増加する傾向にあります。これは政府の2050年カーボンニュートラル宣言に基づくもので、省エネ性能の向上を図るための積極的な取り組みが進んでいます。住宅購入者がエネルギー効率や環境に対する意識を高める中、ZEH化率の推移は住宅産業において新たな潮流を形成しています。これにより、全館空調システムやビルトイン型空気清浄機などの省エネ設備がますます需要を集め、住宅市場の進化が進んでいます。


venti airfuture v-valia

2.2 高断熱住宅と全館空調システムの普及

日本の住宅事情において、高断熱住宅と全館空調システムの普及が進んでいます。近年の住宅は断熱性能の向上が重視され、これにより冷暖房効果が向上しています。高い省エネ性能を有する高断熱住宅が増加する中、これに適した全館空調システムの導入が一般的となっています。このシステムは住宅全体を効果的に温度調整し、居住者に快適な環境を提供します。これに伴い、ビルトイン型空気清浄機などの省エネ設備も需要を呼び起こし、住宅のエネルギー効率向上と快適性の向上が同時に進展しています。


2.3 ビルトイン型空気清浄機の需要増加

日本の住宅市場において、ビルトイン型空気清浄機の需要が急速に増加しています。特に、省エネルギー住宅やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に伴い、住宅内の空気品質の向上が求められています。ビルトイン型空気清浄機は効率的な空気浄化を実現し、全館空調システムと組み合わせて快適な住環境を提供します。住宅購入者や建築主が健康と環境への意識を高める中、この種の設備への注目が一段と強まっています。今後ますます需要が増加することが予測され、ビルトイン型空気清浄機は住宅産業において重要な役割を果たしていくでしょう。


3.新築住宅の省エネ性能向上と2030年の展望

新築住宅の省エネ性能向上は急務となり、2030年にはZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準が標準となる見込み。政府が掲げる2050年のカーボンニュートラル目標に向け、住宅業界はエネルギー効率の向上を推進。省エネ設備やビルトイン型空気清浄機の需要が拡大し、新築住宅はより環境に優れた持続可能な住環境へと進化していく見通しです。


3.1 全館空調システムの導入と快適性向上


venti airfuture v-valia

全館空調システムの普及により、日本の住宅は快適性の向上を遂げています。このシステムは高断熱住宅やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などの省エネルギー住宅において特に重要で、住宅全体を均一な温度に保ちます。居住者は季節や時間帯に応じて効果的に冷暖房を調整でき、常に心地よい環境を享受できます。これにより、住宅内の生活品質が向上し、快適性が大きく向上しています。また、ビルトイン型空気清浄機との組み合わせにより、清浄な空気も確保され、住環境の健康面でも利点があります。全館空調システムの導入は、住宅における生活の新たなスタンダードを築いており、今後ますますその需要が拡大していくことが期待されます。


3.2 ZEH水準の標準化に向けた動き

日本では2030年度以降、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準の標準化が進んでいます。政府が2050年までにカーボンニュートラルを目指し、エネルギー効率の向上を図るためにZEHの普及を促進しています。この動きにより、住宅業界ではZEH水準を基準とした新築住宅の開発と建設が進み、省エネ性能がますます標準的な要件となっています。住宅購入者もエネルギー効率や環境への意識が高まっており、ZEH水準の住宅が市場で求められています。この標準化の流れは、住宅の省エネルギー性能を向上させ、持続可能性のある住宅環境の構築を推進しています。


3.3 2050年のカーボンニュートラル目標と2030年の展望

日本政府は2050年までにカーボンニュートラルを達成する目標を掲げ、その一環として2030年度以降、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準の標準化を推進しています。この戦略に基づき、住宅・建設業界は省エネ性能の向上を重視し、新築住宅においてZEH水準が標準となることが期待されます。これは住宅のエネルギー効率を劇的に向上させ、環境負荷の削減を実現します。2030年度においては、新築住宅の省エネ性能がZEH水準に引き上げられる方針が示され、エネルギー効率向上に向けた変革が進むでしょう。この展望により、住宅市場は環境に配慮した持続可能な住環境の構築を目指し、省エネ設備やビルトイン型空気清浄機の需要も一層拡大していくことが予測されます。



4.ZEH化率予測グラフと市場拡大

4.1 新築注文住宅のZEH化率予測グラフ


Venti airfuture v-valia


4.2 ビルトイン型空気清浄機市場の拡大見込み

新築住宅の省エネ性能向上に伴い、2030年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準が標準化される見込みです。これにより、エネルギー効率向上に加え、住宅環境の快適性も重要視され、ビルトイン型空気清浄機の市場が拡大することが期待されます。新築住宅には既に全館空調システムが導入され、これに組み合わせる形で空気清浄機が求められています。住宅購入者は健康維持や居住環境の品質に意識を向け、ビルトイン型空気清浄機の需要が増加するでしょう。省エネと健康面の双方に配慮したトータルな住宅ソリューションが求められ、これに伴いビルトイン型空気清浄機市場の拡大が予測されます。



venti airfuture v-valia




5.気密高断熱の住宅の換気システムで

Ventiイオンクラスターが効果的な理由


高気密高断熱の住宅において、室内の空気品質を向上させるためには、イオンクラスター空気清浄機が非常に効果的です。この装置は微粒子や有害な微生物を取り除き、不快な臭いを脱臭する役割を果たします。特に高気密高断熱の住宅では空気の滞留がおきやすいので、室内の空気清浄化が重要です。


イオンクラスター技術は、細菌やウイルスなどの微生物からくる感染症リスクを軽減し、居住者の健康を守ります。また、VOC(揮発性有機化合物)の低減にも効果的であり、室内の空気中に漂う化学物質を効果的に除去します。高気密高断熱の住宅では換気が制限されがちであり、VOCが蓄積しやすい環境ですが、イオンクラスターはこれらの化学物質を分解し、有害な影響を最小限に抑えます。


さらに、カビの発生を抑制するのにも効果的です。高気密高断熱の住宅では湿度のコントロールが難しく、カビの発生が懸念されますが、イオンクラスターは空気中の微生物を減少させ、カビの繁殖を抑える役割も果たします。エネルギー効率を損なわずに空気品質を向上させるため、高気密高断熱の住宅に最適な解決策となります。



6.ビルトイン型空気清浄機市場の拡大見込み

新築住宅の省エネ性能向上に伴い、2030年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準が標準化される見込みです。これにより、エネルギー効率向上に加え、住宅環境の快適性も重要視され、ビルトイン型空気清浄機の市場が拡大することが期待されます。新築住宅には既に全館空調システムが導入され、これに組み合わせる形で空気清浄機が求められています。住宅購入者は健康維持や居住環境の品質に意識を向け、ビルトイン型空気清浄機の需要が増加するでしょう。省エネと健康面の双方に配慮したトータルな住宅ソリューションが求められ、これに伴いビルトイン型空気清浄機市場の拡大が予測されます。


DIPIシリーズ


7.まとめ

7. まとめ

日本の住宅市場は2030年を迎え、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化率が急速に増加するなか、省エネ性能向上と快適な住環境の追求が進んでいます。新築住宅の着工数は年々80万戸以上を維持し、政府のカーボンニュートラル目標に基づくZEH義務化が推進されています。この動向に伴い、全館空調システムやビルトイン型空気清浄機などの需要が拡大し、住宅市場は新たな変革期に突入しています。

特に、高気密高断熱の住宅ではVentiイオンクラスターが効果的な換気システムとして注目されています。微生物やVOCの低減、カビの抑制など、多岐にわたる効果があり、健康と環境に配慮した総合的なソリューションを提供します。また、ビルトイン型空気清浄機市場も急拡大が見込まれ、省エネと健康を同時に実現するための選択肢がますます広がっています。

住宅購入者や建築主はエネルギー効率や環境に対する意識を高め、これらの先進的な設備への需要が一段と増加していくでしょう。これにより、住宅市場はますます持続可能な方向に進展し、新しい生活様式の構築が期待されます。


 


8.イオンクラスターとは


イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果

脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。

除菌

細菌やウイルスを99%除去します。

カビ

カビ菌の発生を抑制します。

臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績

住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス

国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2



特許

特許



【製品情報】

ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ



関連記事

すべて表示
bottom of page