top of page

学校で流行する感染症に備えるための予防と対策

感染症対策の必要性を考える上で、学校環境では多くの生徒や教職員が接触し、感染リスクが高まります。特に季節の変わり目や寒冷地域では風邪やインフルエンザ、百日咳、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、マイコプラズマ感染症、RSウイルス感染症などが簡単に広がります。ここでは、学校で流行する感染症に備え、予防と対策を具体的にまとめてみましょう。



 

目次


 

感染症対策 airfuture v-valia venti

1.流行りやすい感染症の種類

1. 風邪やインフルエンザ

- 原因: インフルエンザウイルスや風邪ウイルス

- 潜伏期間: 約1〜4日

- 症状: 発熱、咳、くしゃみ、のどの痛み、全身倦怠感

2. ノロウイルス感染

- 原因: ノロウイルス

- 潜伏期間: 約12〜48時間

- 症状: 嘔吐、下痢、腹痛、悪寒、発熱

3. 水ぼうそう

- 原因: 水痘帯状疱疹ウイルス

- 潜伏期間: 約10〜21日

- 症状: 発疹(水ぶくれ)、発熱、全身不快感

4. 結膜炎

- 原因: 細菌やウイルス(アデノウイルスが多い)

- 潜伏期間: 約1〜14日

- 症状: 目の充血、かゆみ、涙、結膜の腫れ

5. 百日咳

- 原因: 百日咳菌(フィラメントーブ菌)

- 潜伏期間: 約7〜10日

- 症状: 長引く咳、発熱、くしゃみ、鼻水

6. 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

- 原因: 流行性耳下腺炎ウイルス

- 潜伏期間: 約12〜25日

- 症状: 耳下腺の腫れ、発熱、食欲不振

7. マイコプラズマ感染症

- 原因: マイコプラズマ

- 潜伏期間: 約1〜3週間

- 症状: 咳、発熱、のどの痛み、全身倦怠感

8. RSウイルス感染症

- 原因: 呼吸器シンシチアルウイルス(RSウイルス)

- 潜伏期間: 約2〜8日

- 症状: くしゃみ、咳、発熱、呼吸困難(特に乳幼児で重症化することがある)



2.予防策

1. 手洗い

- 繁忙な学校生活で忘れがちですが、こまめな手洗いが最も基本的で効果的な予防策です。特にトイレを使用した後や食事前に注意が必要です。

2. マスクの着用

- 発症者との接触を避けるため、特に風邪やインフルエンザが流行する季節にはマスクの着用が効果的です。感染症が疑われる場合は積極的に利用しましょう。

3. 予防接種の受ける

- 風邪やインフルエンザなどの予防接種を積極的に受けることで、特定の感染症から守られます。学校や地域での定期的な予防接種キャンペーンにも参加しましょう。

4. 空気清浄機の活用

- 学校内に空気清浄機を設置し、清潔な空気環境を維持することで、ウイルスや細菌の拡散を抑えることができます。



3.感染拡大防止のための対策と行動

1. 発症時の適切な行動

- 発症症状が見られる場合は、速やかに学校や関係者に報告し、

医療機関での受診が重要です。感染を防ぐためにも早期の発見が肝心です。

2. 学校施設の清掃と換気

- 定期的な清掃や効果的な換気は、感染症の予防に不可欠です。共有スペースや机など、生徒が頻繁に触れる場所に特に注意を払いましょう。

3. 情報の迅速な共有

- 学校内で感染症に関する情報を速やかに共有することが必要です。正確な情報を提供し、生徒や教職員の安心感を確保しましょう。

4. 学習環境の最適化

- 生徒たちが健康な状態で学習できるように、適切な温度や湿度、換気状態などの学習環境を整えることも重要です。

学校での感染症対策は、個々の感染症の特徴を理解し、適切な予防策を講じることが不可欠です。こうした予防策と対策を徹底し、生徒や教職員の安全を守りましょう。

感染症の対策にイオンクラスター airfuture v-valia venti

4.おすすめの製品

Ventiイオンクラスター空気清浄機

学校で感染症対策に欠かせないのが、クリーンで健康的な室内空気の確保です。その中でもVenti社のイオンクラスター空気清浄機は、医療、研究施設などの室内空気質管理に厳しい専門の分野で使用されていた製品として高い評価を受けています。以下、特におすすめのモデルをご紹介いたします。

1. WT-002シリーズ

WT-002 venti airfuture v-valia


  • コンパクトなサイズ: A4用紙サイズに収めたコンパクトなデザインで、教室や事務室など限られたスペースでも取り付けやすくなっています。

  • 広範囲な対応: 60㎡の広い空間まで対応可能で、一台で効果的な空気清浄が期待できます。

  • 壁掛け可能: 壁掛け仕様なので、床のスペースを有効活用でき、設置の自由度が高まります。

2. Z-101X


z-101x venti airfuture v-valia

  • 大型イオンクラスター発生素子AIO-DIX搭載: 100㎡~400㎡の大きな空間に対応し、効果的な空気清浄が期待できます。

  • 移動可能なキャスター: キャスターが付いており、手軽に移動が可能。必要な場所に簡単に配置できます。

  • 広範囲な対応: 100㎡~400㎡の大きな空間に対応し、効果的な空気清浄が期待できます。




5.まとめ

~学校で流行する感染症に備えるための予防と対策~

学校での感染症対策は極めて重要です。風邪や百日咳、流行性耳下腺炎などが広がりやすく、手洗いやマスク着用など基本的な予防策が不可欠です。しかし、Ventiイオンクラスター空気清浄機の利用も強くお勧めします。特にWT-002シリーズはコンパクトで広範囲な対応が可能で、壁掛けも可能。Z-101Xは大型でキャスター付きで移動が容易で、100㎡~400㎡の広い空間に対応します。これらの機器は医療や研究施設での使用実績があり、安全かつ効果的な感染症対策を提供します。


~~学校で流行する感染症に備えるための予防と対策~~

について、他にも臭いのこと、感染対策等で

お困りの方は是非お気軽にお問い合わせお待ちしております^^

Ventiイオンクラスターのデモ機器の貸し出しもございます!!





6.お客様の感想


お客様の感想 airfuture v-valia venti



 


7.イオンクラスターとは


aio-2 airfuture venti v-valia

イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。


h-ioncluster venti airfuture v-valia


Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果


h-ioncluster air future venti v-valia

脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。

除菌

細菌やウイルスを99%除去します。

カビ

カビ菌の発生を抑制します。

臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績

住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先 airfuture venti v-valia

h-ioncluster airfuture venti v-valia



イオンクラスターの効果についてのエビデンス

国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1 airfuture venti v-valia

研究2 airfuture venti v-valia



特許

特許 airfuture venti v-valia



【製品情報】

ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ airfuture venti v-valia


オリジナルh-ioncluster V‐VALIA airfuture

関連記事

すべて表示
bottom of page