top of page

アトピーの原因と予防・対策

アトピー性皮膚炎、通称アトピー。この言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。アトピーで悩む方は多いです。肌トラブルからくる不快感や痒みにとって、常に戦いの場。しかし、アトピーは単なる肌トラブルではなく、精神的なストレスも大きなものとなっています。

アトピー性皮膚炎は、肌が乾燥しやすく、かゆみや炎症を引き起こす慢性的な疾患です。

今回はアトピーの原因と予防、おすすめの対策までご紹介します。



 


目次

1.アトピーとは?

2.アトピーの原因

遺伝的要因

環境要因

免疫系の異常

皮膚バリアの障害

3.アトピー対策

保湿

温水での入浴

適切な洗浄

アレルゲンの管理

ストレス管理

適切な服装

4.アトピーと空気質の関係

5.空気質を改善する方法

空気清浄機の使用

換気

室内植物

温度と湿度の管理

掃除と除湿

6.Ventiイオンクラスターによる室内空気質の改善

7.おすすめの製品

8.まとめ

9.お客様の感想

10.イオンクラスターとは


 

アトピーのこども

1.アトピーとは?

アトピー性皮膚炎(アトピー)は、皮膚の慢性的な疾患で、特に乾燥しやすく、かゆみや炎症が頻繁に起こる特徴的な状態です。この病気は遺伝的な要因や環境要因によって引き起こされ、主に乳幼児期から若年成人にかけて現れますが、成人にも影響を及ぼすことがあります。

アトピーの主な症状には、強いかゆみ、皮膚の乾燥、赤み、腫れ、炎症が含まれます。かゆみは特に不快で、かきむしったりすることで皮膚が傷ついたり感染症が起こったりすることがあります。

アトピーの治療には、保湿剤の使用、炎症を抑える薬物、免疫療法、アレルゲンの回避などが含まれます。トリガーとなる要因によって症状が悪化したりおだやかになったりすることがあり、適切な対策が必要です。



2.アトピーの原因

遺伝的要因

遺伝的な傾向がアトピーの発症に大きな役割を果たします。アトピーを持つ親がいると、子供がアトピーになるリスクが高まります。遺伝的な変異が皮膚のバリア機能や免疫系に影響を与え、アトピーを引き起こす可能性があります。

環境要因

環境因子もアトピーに影響を与えると考えられています。アレルゲン(花粉、ハウスダスト、ペットの毛など)や空気中の汚染物質がアトピーの症状を悪化させることがあります。また、早産や帝王切開出生、乳児期の抗生物質の使用など、出生時や幼児期の環境要因もリスク要因となることがあります。

免疫系の異常

免疫系がアレルゲンや微生物に対する過剰反応を示すことがアトピーの一因と考えられています。特にTh2細胞と呼ばれる免疫細胞の活性化がアトピー症状を促進するとされています。

皮膚バリアの障害

健康な皮膚は外部からの刺激を防ぐバリア機能を持っていますが、アトピー患者の皮膚はこのバリアが弱まっており、湿度を保持できない傾向があります。これにより、外部刺激やアレルゲンが簡単に皮膚に浸透し、炎症を引き起こす可能性が高まります。



3.アトピー対策

保湿

アトピー患者は皮膚が乾燥しやすいため、保湿が非常に重要です。特に入浴後、水分を肌に閉じ込めるために乳液やクリームを使い、肌を保護しましょう。香料や添加物のない無香料の保湿剤を選びましょう。

温水での入浴

熱いお湯は皮膚を乾燥させるので、ぬるま湯や温水での入浴を心がけましょう。長風呂やシャワーの頻繁な使用はかゆみを増加させることがあります。

適切な洗浄

強力な石鹸や洗浄剤を避け、低刺激性の洗浄剤を選んで使用しましょう。また、洗顔やシャンプー時にも注意が必要です。

アレルゲンの管理

アトピーの症状を悪化させる可能性のあるアレルゲン(花粉、ハウスダスト、ペットの毛など)を管理しましょう。空気清浄機の使用や寝具のこまめな洗濯が役立つことがあります。

ストレス管理

ストレスはアトピーの症状を悪化させることがあります。リラクゼーション技法やストレス軽減の方法を実践し、心地よい状態を維持しましょう。

適切な服装

皮膚を刺激しない柔らかい繊維の衣類を着用し、特に寒冷地域では保温性のある服装を選びましょう。また、洗濯時に柔軟剤や漂白剤を避けることも大切です。



4.アトピーと空気質の関係

アトピー性皮膚炎(アトピー)と空気質には密接な関係があります。空気中のアレルゲンや汚染物質がアトピーの症状を悪化させることがあります。花粉やハウスダスト、ペットの毛、カビなどのアレルゲンは、皮膚に接触しなくてもアトピーのかゆみや炎症を引き起こすことがあります。また、大気中の汚染物質や化学物質も皮膚に刺激を与え、症状を悪化させる可能性があります。そのため、特にアトピーを持つ人々は季節や地域に応じてアレルゲン情報や大気汚染レベルを確認し、適切な対策を取ることが重要です。



5.空気質を改善する方法

空気清浄機の使用

空気清浄機の使用はアトピー予防に効果的です。空中のアレルゲンや微粒子を取り除き、清潔な室内環境を維持し、皮膚への刺激を軽減します。

換気

屋内の新鮮な空気を取り入れるために、定期的な換気を行いましょう。窓を開けたり、換気扇を使用したりして、室内の空気を循環させます。

室内植物

一部の植物は空気中の有害な物質を吸収し、酸素を供給します。例えば、アロエベラ、スパティフィラ、サンスベリアなどが挙げられます。

温度と湿度の管理

適切な室温と湿度を維持することは、アレルギー症状を軽減するのに役立ちます。適度な湿度(40-60%)を保つために加湿器を使用することを検討しましょう。

掃除と除湿

ハウスダストやカビの繁殖を防ぐために、定期的な掃除と湿度の管理が必要です。特に寝室やキッチン、バスルームを重点的に清掃しましょう。


こども

6.Ventiイオンクラスターによる室内空気質の改善

Ventiイオンクラスターは、室内空気質の改善をサポートする空気清浄機です。吸引式(フィルター式)空気清浄機では取り除けない微粒子、ウイルス、VOC(揮発性有機化合物)などを除去し、不快な臭いも軽減します。Ventiイオンクラスターは花粉症やアレルギー症状のある人々にとって特に効果的です。


Ventiイオンクラスター

7.おすすめの製品

WT-002シリーズ

狭い空間の中で使用するならVentiイオンクラスターWT-002シリーズがおすすめ! A4用紙サイズの小型で持ち運びもできるタイプです。

WT-002

DIPIシリーズ

ダクトに直接取付けて部屋全体にイオンクラスターを送るなら VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ! 換気システムの給気系統のダクトに設置することで家全体の空気を浄化します。

DIPIシリーズ



8.まとめ

アトピー性皮膚炎(アトピー)は肌トラブルの一つで、遺伝的・環境的要因が影響します。 対策として、保湿、温水での入浴、適切な洗浄、アレルゲン管理、ストレス対策、適切な服装が重要。空気質も影響し、空気清浄機の使用、換気、室内植物、温湿度管理、掃除が役立つ。 Ventiイオンクラスターは室内空気質を改善し、特に花粉症やアレルギーの人に効果的。 おすすめ製品にはWT-002シリーズ(小型ポータブル)とDIPIシリーズ(部屋全体に対応)があります。


~~アトピーの原因と予防・対策~~

について、他にも臭いのこと、感染対策等で

お困りの方は是非お気軽にお問い合わせお待ちしております^^

Ventiイオンクラスターのデモ機器の貸し出しもございます!!





9.お客様の感想


お客様の感想

 


10.イオンクラスターとは


イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果 脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。

イオンクラスターによるVOC対策に詳細についてはこちらへ

除菌

細菌やウイルスを99%除去します。

カビ

カビ菌の発生を抑制します。

臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績

住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス

国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2



特許

特許




関連記事

すべて表示
bottom of page