top of page

イオンクラスター空気清浄機DIPIシリーズ

新型コロナウイルス感染症以降の室内空気に対する認識変化


新型コロナウイルス感染症の流行以降、室内空気に対する認識は大きく変化しました。感染症の拡散リスクを最小限に抑えるため、以下の変化が見られます。

換気への重要性:

室内の定期的な換気が強調されました。ウイルスは密閉空間での滞留がリスクとなるため、新鮮な外気を取り入れ、室内の空気を循環させることが必要とされています。

空気清浄技術への注目:

空気清浄機やウイルス除去フィルターなどの技術への関心が高まりました。これらの装置は、室内空気中のウイルスや微粒子を取り除き、感染拡大を防ぐのに役立ちます。

人密度の制限:

閉鎖空間での人口密度制限が一般的になり、ソーシャルディスタンスが実践されます。これにより、感染リスクが低減し、室内での感染拡大が防がれます。

マスクの着用:

室内での集会や公共の場では、マスクの着用が推奨され、感染リスクの低減に寄与しています。

リモートワーク:

多くの人がリモートワークを選択し、室内での長時間の滞在を減少させ、感染拡大リスクを軽減しています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、室内空気の質と安全性に関する意識が高まり、健康な居住環境を維持するための対策が一般的となっています。

イオンクラスター空気清浄機DIPIシリーズ

空気清浄機は一家に一台から一部屋一台の時代に、その次はビルトインの時代?

空気清浄機は、新型コロナウイルス感染症の影響や空気品質に対する関心の高まりから、一家に一台から一部屋一台の時代に進化してきました。しかし、次なる進化はビルトインの時代に向かっています。

ビルトインの空気清浄システムは、建物や住宅に統合され、中央空調システムと組み合わせて空気質を管理します。これにはいくつかの理由があります:

効率性と均一性:

ビルトインシステムは、建物全体の空気を均一に浄化し、個別のポータブルユニットよりも効率的に運用できます。特に大規模な建物や商業施設では、効果的な空気清浄が必要です。

デザインと空間の最適化:

ビルトインのシステムは建物の設計に組み込むため、見た目やスペースの効率化に優れています。ポータブルユニットを配置する必要がなく、美観を損ないません。

継続的な監視と管理:

ビルトインシステムはセンサーと連動し、自動的に空気品質を監視し、必要に応じて調整します。これにより、常にクリーンで安全な空気を提供できます。

ユーザーエクスペリエンスの向上:

ビルトインのシステムは、住民や建物管理者に向けたデータ収集やモニタリング機能を提供し、快適で健康的な環境を実現します。

ビルトインの空気清浄システムは、空気品質の向上とエネルギー効率の最適化を通じて、建物内での生活と労働環境を革新することが期待されています。



ビルトイン型空気清浄機の特徴、メリット、デメリット

ビルトイン型空気清浄機は、建物や住宅に組み込まれる、据え置き型製品とは異なる特徴的な特性があります。

特徴とメリット:

  1. 統合性: ビルトイン型は建物の中央空調システムに組み込まれ、建物全体の空気を均一に浄化します。これにより、高い効率性が得られ、エネルギー消費が最小限に抑えられます。

  2. デザインとスペース最適化: ビルトインシステムは建物のデザインに統合され、室内の空間を効果的に活用します。据え置き型製品を配置する必要がなく、美観を損ないません。

  3. 自動監視と調整: センサーによって空気品質をリアルタイムで監視し、必要に応じて自動的に調整します。常にクリーンな空気を維持し、人々の健康と快適さを確保します。

  4. 持続的な運用: ビルトインシステムは継続的な運用をサポートし、定期的な保守が容易です。ポータブルユニットのような取り外しや移動が不要です。

デメリット:

  1. 設置制約: ビルトイン型は建物の構造に合わせて設置する必要があり、既存の建物に導入する場合には工事が必要です。これが追加の手間と費用を引き起こす可能性があります。

  2. カスタマイズ難易度: 個別の建物や住宅に合わせたカスタマイズが必要で、設置プロセスが複雑です。設計段階から組み込む必要があります。

  3. 適用範囲: ビルトインシステムは特定の建物にしか適用できず、ポータブルユニットのような柔軟性に欠けることがあります。

ビルトイン型空気清浄機は、建物全体の空気品質を向上させる強力なツールですが、設置に伴う制約などがあり、選択には慎重な検討が必要です。



Venti イオンクラスターのビルトイン型空気清浄機DIPIシリーズ


VentiイオンクラスターDIPIシリーズは、spe社の独自のプラズマ技術によるビルトイン型空気清浄機です。DIPIシリーズは、24時間換気システムの給気側のダクトに取り付け、家全体の空気を効果的に浄化します。イオンクラスター技術は医療施設や研究施設などで空気質管理に広く採用され、菌・ウイルス、有害な化学物質を効率的に除去します。VentiイオンクラスターDIPIシリーズは、快適な室内環境と健康を追求する方々に最適な選択肢です。



プレスリリース記事



DIPI設置イメージ


DIPI設置イメージ


まとめ


今回は住宅に最適なイオンクラスタービルトイン型イオンクラスターDIPIシリーズをオススメしました!ダクトの工事をするだけでお部屋全体にイオンクラスターが行きわたり、清潔な空気環境を保てます。


イオンクラスターDIPIシリーズで、

シックハウス症候群やその他健康被害の元となる物質を取り除き空気環境を整え、健康で安全な家づくりを検討されてみてはいかがでしょうか?


Ventiイオンクラスター除菌脱臭装置では、吸引式(フィルター式)の空気清浄機では取り除くことが難しいとされているシックハウス症候群の要因ともなる揮発性有機化合物(VOC)などの原因物質に吸着して分解・除去する事が可能です。他にもナノレベルのウイルスや細菌も抑制・除去する事が可能です。

特に新築の家やビルの場合、きつく建材の臭いも感じられるときがあります。そんな時にも効果を感じられます!


また、臭いの程度や原因物質の量にもよりますがVentiイオンクラスターを使用後、1、2時間~で臭いと原因物質の減少の効果が見られます。

最近は健康意識の高まりから生活臭を対策を始め空気環境の対策をする工務店様、テナント様、ホテル様を始め、個人様宅でも購入検討される方が増えてきています。


~~イオンクラスター空気清浄機DIPIシリーズ~~

について、他にも臭いのこと、感染対策、弊社製品については検討中の方は

是非お気軽にお問い合わせお待ちしております^^

Ventiイオンクラスターのデモ機器の貸し出しもございます!!



お客様からの感想

イオンクラスターDIPI使用感想












 

イオンクラスターとは?

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。 このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。 Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果 脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。


除菌

細菌やウイルスを99%除去します。


カビ

カビ菌の発生を抑制します。


臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績



住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

導入先LOGO




イオンクラスターの効果についてのエビデンス


国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


研究1

研究2



特許


特許



【製品情報】


ダクトに直接取付けて

部屋全体にイオンクラスターを送るなら

VentiイオンクラスターDIPIシリーズがおすすめ!

DIPIシリーズ


Comentarios


bottom of page