top of page

オフィスでの室内空気質の管理について

現代のオフィス環境では、従業員の健康と生産性を維持するために室内空気質(IAQ: Indoor Air Quality)が重要視されています。良好な空気質は、従業員の快適さ、集中力、そして健康を支える基盤となります。この記事では、オフィスでの室内空気質管理の重要性と、その具体的な方法について説明します。

オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia

室内空気質の重要性


オフィスの空気質が悪化すると、従業員の健康に影響を与える可能性があります。例えば、頭痛、目のかゆみ、喉の痛み、疲労感などの症状が現れることがあります。これらの症状は「シックビルディング症候群(SBS: Sick Building Syndrome)」と呼ばれ、特に空気の循環が悪いオフィスで発生しやすいです。また、長期的な影響として、呼吸器疾患やアレルギーの悪化なども考えられます



室内空気質を管理する方法


1. 定期的な換気

   定期的な換気は室内の空気質を保つための基本です。新鮮な空気を取り入れることで、室内の二酸化炭素濃度を下げ、有害物質や汚染物質を外に排出することができます。特に密閉されたオフィス環境では、窓を開けるなどして新鮮な空気を定期的に取り入れることが重要です。


2. 空気清浄機の導入

   空気清浄機は、空気中の微粒子やアレルゲンを除去するのに役立ちます。特にHEPAフィルターを搭載した空気清浄機は、微細な粒子や花粉、カビの胞子などを効果的に取り除くことができます。オフィスの広さや使用状況に応じて、適切な容量の空気清浄機を選びましょう。


3. 放出式空気清浄機の導入

   放出式空気清浄機は、イオンクラスターなどを空気中に放出し、空気中の有害物質を中和・除去する装置です。このタイプの空気清浄機は、微粒子の除去だけでなく、ウイルスや細菌の抑制にも効果が期待できます。特にオープンスペースの多いオフィスでは、放出式空気清浄機を設置することで、広範囲にわたって空気質の改善が可能です。

オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia

4. 室内植物の活用

   室内植物は自然の空気清浄機として機能します。植物は光合成を通じて二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。また、特定の植物は空気中の有害物質を吸収する能力があります。例えば、サンセベリア、ポトス、アロエベラなどが知られています。


5. 適切な湿度の維持

   適切な湿度レベルを維持することも重要です。湿度が低すぎると乾燥が進み、皮膚や呼吸器に影響を与えます。一方、湿度が高すぎるとカビやダニが繁殖しやすくなります。一般的に、室内の湿度は40%~60%が理想的とされています。加湿器や除湿機を使用して、適切な湿度を保つようにしましょう。


6. 定期的な清掃

   オフィスの清掃は室内空気質を維持するために欠かせません。特にカーペットやエアコンのフィルターは、ほこりや汚れがたまりやすい部分です。定期的な掃除とフィルターの交換を行い、清潔な環境を保ちましょう。


7. 化学物質の管理

   清掃用の洗剤やオフィス家具から放出される化学物質も室内空気質に影響を与えることがあります。低VOC(揮発性有機化合物)製品を選び、使用後はしっかりと換気を行うようにしましょう。


8. CO2モニタリング

   室内の二酸化炭素濃度をモニタリングすることで、換気の必要性を判断することができます。高いCO2濃度は、集中力の低下や疲労感を引き起こすため、適切な換気が必要です。CO2センサーを設置し、定期的に数値を確認することをおすすめします。


オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia

オフィスでの室内空気質の改善によるメリット

オフィスでの室内空気質の改善は、従業員の健康維持だけでなく、生産性向上にもつながります。快適な環境で働くことは、集中力を高め、仕事の効率を上げる効果があります。また、病気による欠勤を減少させることで、企業全体の業績向上にも寄与します。


さらに、環境に配慮した空気質管理は、企業の社会的責任(CSR)の一環として評価されることもあります。健康で快適な職場環境を提供することは、従業員の満足度向上にもつながり、優秀な人材の確保や定着率の向上に寄与します。




放出式空気清浄機導入のメリット


オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia

  • 広範囲での効果 放出式空気清浄機はイオンを広範囲に放出するため、大きなオフィススペースでも均一に効果を発揮します。これにより、特定のエリアだけでなく、オフィス全体の空気質を改善することができます。

  • ウイルスやバクテリアの抑制 イオンの放出により、空気中のウイルスやバクテリアの活動を抑制する効果が期待できます。これにより、感染症の拡大リスクを低減し、従業員の健康を守ることができます。

  • 悪臭の除去 イオンの作用で悪臭成分を分解・中和するため、オフィス内の不快な臭いを効果的に除去できます。これにより、快適な作業環境が維持され、従業員のストレスを軽減することができます。

  • 静音性 放出式空気清浄機は一般的に静音性に優れており、オフィスの静かな環境を維持しながら空気質を改善することができます。これにより、集中力を妨げずに空気の浄化が可能です。


まとめ

オフィスでの室内空気質の管理は、従業員の健康と生産性を守るために不可欠です。定期的な換気、空気清浄機や放出式空気清浄機の導入、適切な湿度の維持、清掃、化学物質の管理など、さまざまな対策を講じることで、快適な職場環境を実現しましょう。室内空気質の改善は、従業員の健康を守るだけでなく、企業の成功にもつながる重要な要素です。



 


イオンクラスターとは

イオンクラスターは、酸素分子のイオンの集合体で、空気中にも存在します。

自然の中では雷、稲妻や滝等といった高エネルギー発生源により、

空気のイオン化が誘発され生成されたイオンクラスターが存在します。このイオン化された空気が地球上の大気の浄化作用を行っていたのです。Ventiイオンクラスターは独自のプラズマの技術で強力なエネルギーを持つイオンクラスターを発生します。



Ventiイオンクラスターの除菌・脱臭効果

脱臭・VOC対策

シックハウス症候群の原因となるVOC(建材などから発生する有害物質)を低減。

除菌

細菌やウイルスを99%除去します。

カビ

カビ菌の発生を抑制します。

臭い

ペット臭やタバコ臭など不快な臭いを低減します。



空気質に厳しい専門機関でも使用されている技術

Venti イオンクラスター

国立大阪医療センターや埼玉県立小児医療センターなどの国立病院、理化学研究所や大手企業の研究施設など、厳格な空気質管理が必要な施設で活用されています。



導入実績

住宅・研究施設・医療施設・文化施設・ホテルなど

20,000本以上

オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia




イオンクラスターの効果についてのエビデンス

国内外でイオンクラスターのイオンクラスターの効果について書かれた研究や論文、実証実験や数々のデータもあります。


オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia

オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia



特許

オフィス 室内空気質 venti airfuture v-valia





留言


留言功能已關閉。
bottom of page