top of page

胡蝶蘭や観葉植物の育て方/イオンクラスター空気清浄機を使う

胡蝶蘭や観葉植物の育て方

ピンクの蘭

胡蝶蘭とイオンクラスター空気清浄機にどんな関係があるの?

と思われたと思いますが、実は胡蝶蘭も呼吸をしていて、胡蝶蘭の生育に空気はとても大事!!!ということが立証されつつあります。

普段目にすることが多い鉢花の「洋蘭」は、明治以降に欧米から渡ってきた蘭科の花の総称であり、「洋蘭」という名前の花がある訳ではありません。多くは熱帯から亜熱帯地方が原産で、濃いピンクや白・黄色など花色が鮮やかで見栄えのする花が特徴です。これに対して日本に自生している蘭などは、花が小さく花色も薄いものが多く、洋蘭と区別して「東洋蘭」とも呼ばれています。

洋ランを上手に育てるには、そのランが育ちやすい環境を知り、それを再現することが近道になります。

しかし一般的に蘭は育てるのが難しい植物だと言われています。蘭には様々な種類がありますが、私たちが日頃よく目にする贈答用の蘭は1~長くて3年の寿命。

Ventiイオンクラスター空気清浄機を使用すると胡蝶蘭の開花時期も寿命も長持ちした!という声が上がっており、その他の植物にもイオンクラスターは効果的だということが言えます。




【蘭の種類】

蘭の種類は非常に豊富で、世界で2万以上の品種があると言われています。贈答用に好まれ1年中見られる蘭ですが、日本の園芸店で一般的に扱われる種類はそれほど多くありません。お祝い事や引っ越しのギフトとして定番の胡蝶蘭、甘い香りとゴージャスな見た目で「洋蘭の女王」とも呼ばれているカトレア、花もちが良くピンク色の花が母の日ギフトにも使われるデンドロビウム、贈り物として園芸好きに人気のシンビジウム。この4種が、日本で馴染み深く、ポピュラーな蘭として広く愛されています。


  • 胡蝶蘭(ファレノプシス)

蝶が舞っているような花の形からその名前が付けられた、胡蝶蘭(コチョウラン)=学名ファレノプシス。贈答用として定番の蘭。他に比べてて温度管理に気をつけて育てます。最低でも15度、できれば18度以上の温度を維持することで花を楽しむことができます。

  • シンビジウム

ランの中では比較的低温でも育ちます。花芽が出てから開花まで水切れに注意して育てます。

  • デンドロビウム

ノビルという原種を元に交雑育種されたノビル系と呼ばれる品種が多く出回ります。育てやすく多くの品種改良がされています。デンドロビウムの中でもデンドロビウム・ファレノプシスはデンファレと呼ばれ、ノビル系と分けて扱われます。

  • カトレア

豪華で優美な印象で贈答用として出回ることが多いですが、生命力が強く初心者向けで栽培は比較的簡単です。より贈答向けで栽培も容易なミニカトレアもあります。お日様にしっかり当てる事で花芽ををたくさん付けます。

  • オンシジウム

黄色の小花が蝶が群れるように花をつけ、可愛らしく切り花でも定番。黄色のイメージが強いですが、他にも紫、白、ピンクの花色もあり多彩。

  • パフィオペディラム

パフィオペディラムは花弁の一部が袋状になった、不思議な花姿をした蘭です。以前は流通も少なくコレクターが育てる品種のイメージでしたが、最近では多く見かけるようになりました。比較的ランの中では低温に強い品種の1つです。




【一般的な蘭の栽培】

植物を育てる人

1~3か月にわたり花を咲かせ、基本的に年1回開花を楽しむことができます。栽培方法によっては年2回花を咲かせることも可能です。

贈答用の場合は胡蝶蘭の場合は1~3年の寿命。栽培目的の蘭だと10年の寿命、と言われています。




【季節による蘭の管理】

  • 置き場(成長期) 春から秋の成長期にどれだけ気にかけて育てられるかが、花を綺麗に咲かせるコツになります。まずは最低でも4〜5時間日の当たる環境で育てましょう。そして真夏の強すぎる直射日光は葉焼けの原因になるので、できれば遮光ネットなどで少し遮光してあげるのがベストです。この時期はできるだけ屋外で育ててあげるのをオススメします。

  • 真夏 日本の猛烈な真夏の暑さは、ランにとっては厳しく耐える時期です。夕方涼しくなったら葉水をかけて株を冷やす工夫をおすすめします。それが夏バテ防止になります。日中に水をやると葉焼けの原因になるので、必ず涼しくなってから行います。

  • 耐寒温度は、それぞれ違うので育てている品種が寒さに比較的強いか弱いかを把握しておきましょう。その上で、室内に取り込むタイミングを決めます。胡蝶蘭やデンファレは15度、カトレアやオンシジウムは12度、シンビジウムやデンドロビウムは8度を目安に室内に取り込みます。

  • 室内に取り込んだランは、肥料をストップします。窓辺でたっぷりのお日様に当ててあげますが、日差しが強いと日焼けするので、レースのカーテン越しに置くなど工夫します。



【蘭の栽培環境】

  • 光と温度

    • 明るい間接光の下で育つのが理想的。

    • 温度については、蘭の種類によって異なりますが、一般的には日中の温度が20〜30度、夜間の温度が15〜20度が適しています。

  • 水やり

    • 蘭は適度な湿度を好みますが、過剰な水やりは根腐れの原因となります。土が乾いたら水やりを行いましょう。

    • 蘭は湿度を好むので、水を散布したり、湿度を保つために水を入れた皿の上に鉢を置いたりすると良いでしょう。

  • 肥料

    • 蘭を長く育てる場合は特殊な肥料も必要です。窒素、リン、カリウムなどの栄養素をバランス良く含む蘭用の液体肥料を使用します。

    • 蘭は鉢植えで栽培する際は排水性のあるものを選びましょう。

  • 剪定

    • 蘭の花がしぼんだら、花茎を切り取ることで無駄な栄養を吸い取られずに済みます。


紫の蘭


【蘭に効果的!導入事例】


●贈答用の蘭が7年連続咲いている!

●蘭が通常の倍の半年間も咲き続けている!

●蘭に植物に虫が寄り付かない!


といったお客さまからの声や、

他にも植物の栽培のためにイオンクラスター空気清浄機を購入されるお客様が増えています。元々「イオン」は自然界にあり人体に良い影響があるので、イオン放出タイプの家電製品が昨今重宝されています。もちろん植物にも良い影響があるのは間違いないですが、本来の植物の成長をより強くする。肥料よりも安全に、生命力を伸ばすことができるイオンクラスター空気清浄機として、家庭用・オフィス用・花屋等幅広くお使いいただけます。また、蘭自体にも空気清浄作用が備わっています。

良い空気を吸って植物をの栽培を助ける。一石二鳥なアイテムだと言えます。




【まとめ】


蘭はもともとジャングルの奥地、自然にあふれた場所に育つ植物です。

そのため、観葉植物として育てる際は空気や水の条件を本来の生息地に合わせることがとても大事です。


Ventiイオンクラスターは都市の汚染物質を含んだ空気から有害物質を取り除くことができます。より澄んだ自然に近い空気の状態にするためにも、イオンクラスター搭載の空気清浄機を使ってみるのはいかがでしょうか??


Ventiイオンクラスターを使用すると蘭が長持ちした!という声も実際に上がっており、

蘭やその他の植物の栽培にVentiイオンクラスターは効果的だということが言えます!


胡蝶蘭や観葉植物の育て方

やその他臭い・除菌についてお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください!

Ventiイオンクラスター除菌脱臭装置のデモ機の貸し出しもあります!





【おすすめ製品】

Ventiイオンクラスター除菌脱臭WT装置WT-002シリーズ

WT002



関連記事

すべて表示
bottom of page